怪奇骨董ますらおぶりっこ

たおやめぶりに憧れる日記。涙がちょちょぎれちゃう。だってますらおぶりっこだもの。

夢日記

五限。「いけるか」と教師に声をかけられて資料の原本しか印刷してなかったことに気づく。「コピーとってきます」「ところでコピー機はどこ」近くの席のXが施設名を答えてくれたが場所がわからない。方向で言うと「こっち?それともこっち?」方向音痴だもんで。「つれてくわ」とキレ気味ながら親切なX。あまり見たことのない形状のコピー機が一台。引き上げるX。

コピー待ちの列が自分の後ろにできかけていたので、おさきにどうぞ、たくさんコピーするんで、おさきにどうぞ、と譲りつつ操作法を盗み見る。機械式のダイヤルでモードを変えたりするんだ……。片面→両面はどうやるのかしら?と戸惑い通りすがりの人に尋ねると、あ、そこはタッチパネルのディスプレイで操作するんだ。メニューの階層を下るたびにいちいち自然の景色や古臭いCGの動画が流れる。28部、セットしてコピー開始。もう20分くらい経ってるんだがと焦る。

3部ほど刷り上がったところで派手に紙詰まりを起こしておおわらわ。あちこちのカバーを開けて詰まったのを引っこ抜いたり。変に再開するよりは再設定したほうがよいだろう。しかしさっきのメニューにたどり着けずにまた四苦八苦。あ、両面かつニコイチにすれば枚数も時間も節約できるかしら。とて再印刷開始。

完了を待つ間、Yがいつの間にかいて雑談する。Yが何か重要なことを言いかけた時「しっ」担任とXがコピー室にやってきた。五限は終わっていた。「すみませんてまどってしまって」「五限は英語になった。お前は欠席にしといたぞ」と教師。カナピー。「あと……」五限で提案する予定だった試みは学校の事情で実現は難しくなったという話。「せっかくだからここにいるXにプレゼンするか?」それはまんざらでもないが、まんざらかもしれないなあ。Xに原本を手渡しコピー機を見るとエラーを起こしていた。

夢日記

セミナー。右最前列あたりの一角。司会はタモリ。さ。さタ。さすタモ。さすがタモリ。一般参加者との会話を交えた進行はさすがはタモリといったところか。

トイレ休憩。赤ん坊のための器具…おむつ交換台てきなやつ?とか充実してて広いトイレ。で、うんこしてたら他人が入ってきてもう漏れそうだから替わってくれと頼まれる。うんこしてるとちゅうは無理だって思いながら、すぐ出すからすぐ出すから、と顔面蒼白な彼をなだめる。いくら危急とはいえ自分のうんこと他人のうんこが便器の中でフュージョンするのはコンヒュージョンなので、すぐ流すからすぐ流すから、とほぼ漏らしかけている彼を励ます。トイレットペーパーをがらがらと手に取り、ケツを拭くのは彼に席を譲ってからにしよう、それが精一杯の時短テクニックだ。.52ガロンみたいな特性のウオシュレットできれいきれいしたかったのだが。

タモリはもういない。さすタモ。いくつかの設問が書かれたペーパーとそこそこ厚みのある冊子。設問を事前に読みそれを意識しながら本編を読み進めることで本編が読者をミスリードしたり叙述なんとかとか仕掛けてくるタイプのエンタメなんだな、と期待感が高まる。セミナーの制限時間が少なめだけど人物の相関図とか作ったほうがよいのかしら。

夢日記

「ヘヤまわって候補者に挨拶してこい」とキタノに命令される。げんなり。前に「センセイがたへの挨拶はちゃんとしましたから」と口裏合わせてくれたのは庇ってくれたんじゃなくって皮肉だったのか。ぶつくさ腐りながら着替えて廊下に出る。「生徒会長立候補者」と書かれたタスキはすぐに丸めてポケットにイン。

選挙期間の学校は文化祭の前日のような喧騒。各組の候補者は宣伝活動に出かけていて事務所たる教室にいるわけない。ほかの生徒たちも三々五々たむろしていて部屋の収容率はどこも二割くらい。お祭り騒ぎアンチが黙々と自習してるような組もあって気まずい。

廊下で知人に遭遇して踊り場に身を隠しておしゃべり。真面目だったあいつが最近すっかり染まってきたとスマフォの画面を見せてくる。掲示板にはキャラの違う弾けた書き込み。流行りのボカロ曲の流行りの改変ネタっぽいけど正直あんまり詳しくなくて生返事。でもこっちは分島花音の曲だこっちは知ってる。てか分島花音の立ち位置って。

けっきょく誰とも顔を合わせることなく、体育館で立候補者と応援者による演説会だっつんで渋々移動する。何をしゃべるかまったく決めてないけれど、タケシの応援演説で人心は掌握されてしまうだろうから、てきとうに乗っかっとけばいいかなあ。

最初の候補者が始める。ステージの正面、入口側にもなんか映像を照射しだして、テクノな、しゅわしゅわしゅわひゅいひゅいひゅいとフィルターを開けながらと、と、と、と、ととととととととTR系のスネアが速度を上げてゆくテンプレ的なもりあがるやつ。会場は沸く。げんなり。

映像を操作しているエンジニア風の生徒が誰かに「それどうやってるの?」と質問されなんたらタッチイベントで……とめっちゃアプリの実装の話し始めた。そうじゃないだろ、ききたいのは、そのインタラクティブっぽい映像はどういう仕組で、たぶん会場全体をカメラでとらえて生徒の様子とかをなんちゃらして生成してるみたいなことだろ。

夢日記

  1. よくわからない祭事の司祭に馬乗られてぽこてぃんもがれそうになる。
  2. モンスターへの生贄に差し出されそうになるが、幸い、新鮮な生肉と狩ったばかりの獲物を運営が用意してくれたので今日のところは解散。モンスターが責任者の名前を呼んでるぞ。まだ解散のお許し出てないんじゃない?と思った直後、モンスターが暴れだすほらやっぱり。玄関でくつくつくつあれおれのくつどこくつくつくつ今日はサンダルで来たんだった、と逃げ出し、モンスターが追ってる責任者の帰路はたしか右だったはずと踏んで左へ。自宅の裏口から入るがさまざまな部屋やフロアが融合または消失していて混乱する。こんなところに洗面台が。
  3. よくわからない祭事の司祭に馬乗られてぽこてぃんもがれそうになった件を夢日記ブログに書こう、ってまだここも夢の中なのか。今夜はよく眠れているなあ。冷房入れてよかった。

夢日記

満員ぎみな便に滑り込む。一人用の座席が縦に連なった先頭の客席。先頭の客は、運転席におるやつの肩と腰に手を回して動力を後続へ伝える役。なるほど空席なわけだ。ドリーム・シアターの曲に合わせて緩急がつく。盛り上がる=加速するタイミングで手が緩み、運転席と離れてしまったがすぐに引き返してくれてよかった。運転手は外国人女性だ。

ここから先は目的地まで下りのため、全座席は切り離され、各々のペースで滑走していく。トンネルを抜けるとそこは雪景色で、緩やかな斜面を滑って広場に止まった。そうだせっかくだからスマホで写真撮っておこう、とインスタを探す。今のフラットデザインなアイコンになってわかりづらくなったんだよなあと愚痴りながら、なるべく雪が写った景色をさがして幾度かシャッターを切る。

だいぶ遅れて施設に入ると、みんなもう最初のアクティビティを終えている様子。センセイに「腹痛でトイレ行ってて遅れました」とさらりと嘘をついた自分にびっくり。特定の背表紙がついた本を棚から見つけて、印字されたひとつめの数字がなんとかでふたつめの数字がなんとかでってゲームのルールを説明されたがその場で全然飲み込めず、無理ですわかりませんと匙を投げる。とりあえず目的の本を探すが、もうあらかた取られたらしく一向に見つからない。関係のない本を非表示にするみたいなオプションができないからリアルなゲームはめんどいよね、と近くの人に愚痴るが反応NOTHING。

室内に残っている人や賑やかな広場の様子を見回してから、あーもーやめだやめやめっと床に身を投げ出しふて寝を決め込む。昨晩ちょっとネットで久々に見た、しかも名前だけ字で見た人がさっそく夢に登場するなんて、ってメタ夢に入ったらこりゃ目覚めは近いな、あの人は仕事にストイックすぎんよ、と諦め半分ながら淡い期待を抱いて。

はつゆめ

はつゆめは1日夜から2日朝にかけての夢だよ問題は気にせず。

明け方までに見た夢を、初夢としてブログにかくぞ、書くとしたら具体的な人物名はこういうふうに伏せて・・・と考えながらまた別の夢に落ちて、また目覚めて、さっきの続きを・・・夢日記は夢をありのまま叙述して補足とかは入れなくないけどどうしたら伝わるかなあと考えながらまた眠って、また目覚めた夢をみて夢の中でまたブログの内容を考えてまた寝て見た夢をそのブログに書き足すように最初から復習して・・・とウルトラヘブン状態で目覚めました。

2017年、おはようございます。

さらばエバーノート、こんにちわわワンノート。

エバーノートことEvernote

いろいろインターネットの人が絶賛しながら有効活用するノウハウを御開帳してくれてましたが、結局<Dropboxにテキスト置く+デバイスごとの好きなエディタで編集>スタイルに落ち着いていた。公式クライアントのエディタが自分には使い勝手が良くなかったから。

で、エバーノートの主な用途は<艦これのイベントですたらばのスレを回って編成報告をクリップして、自分の編成を考えるストックにする>くらいになっていた。そういうときにエバーノートはすこぶる便利で、Webページまるごと、あるいは一部をChrome拡張

evernote.com

からぽいぽいクリップしていた。

あとツイエバなるサービスでツイッターのログをアーカイブするくらい、か。

twieve.net

ツイッター全文検索かけたい目的だったけど、ツイログで事足りてた。

Twilog - Twitterのつぶやきをブログ形式で保存


さて、先日ちょっといろいろ調べ物をしたくなって、久々に起動したら、ノートを同期できる端末が2台制限になっていて、そういうニュースがあったなあと思い出しつつ、それは無料ユーザへの死の宣告じゃあないですか、とOnenoteで移行をおっぱじめる。

plus.google.com


support.office.com

上記サイトはWindowsに限った記載になっているが、Macでも問題なく移行完了。エバーノートのwebclipperに相当するChrome拡張も完備。

chrome.google.com


より細かい手順などはこちらのページが詳しい。

dekiru.net

いっしゅん戸惑うのはここらへん。

f:id:fractured:20161106140756p:plain
EvernoteからOneNoteへ自動移行。「OneNote Importer」の使い方と、移行したノートブックの確認方法 | できるネットより

ソンジャーネィ